究極の快楽に溺れさせ、服従させる喜び。
SMの本質を見極めれば、女は全身が性器と変化する。

全ての男達にSMテレフォンセックスを一度は経験して欲しい

俺から当ブログの愛読者へ向けて是非とも経験してみて欲しい事がある。

男として生まれて来たならば、一度はSMテレフォンセックスを経験してみて欲しいのだ!

当然、SM愛好家が集まる当ブログであるからスマホや携帯で飼育している奴隷をSM調教するなんて事は日常的に行っていると思う。しかし、SMプレイを取り入れたテレフォンセックスに関しては、特に眼中に無いという男はかなり多いのではないだろうか?

基本的にSMは女と肉体的な接触を行う「セックス」に分類される。当然ながら、相手の肉体にリアルに接しながらSMを楽しむのが基本的には正しい。

しかし、テレフォンセックスは電話で楽しむバーチャルなセックスであるから、中には「そんな事をして面白いのか?」と冷ややかな目で見ている男も多いだろう。

だがしかし・・・

SMテレフォンセックスは確実に男を成長させてくれる崇高なプレイだと私は確信している。一度でもその世界に踏み入れれば分かるのだが、テレフォンセックスという行為は明らかにリアルなSMやセックスとは別次元の刺激と面白さがあるのだ。

普段楽しんでいるSMを自分の声に出した瞬間に、今までにはない興奮と高揚感を感じる筈だ。

そして、電話という相手の声に嫌でも集中しなくてはならないという状況はハマると確実に癖になる魅力を持っている。相手のリアクションは全て声で返って来る。

その声と会話の内容をしっかりと強く意識して聞くと、まるでそれが自分の想像力と見事にシンクロして、現実では味わえないレベルの興奮を感じることが出来る。私は麻薬などに手を染めたことは生まれてから一度もないが、例えるとすれば「極上の麻薬」に近いという表現がピンと来てしまう。

それくらい、異次元の刺激と快楽を得ることが出来るのが実はSMプレイを取り入れたテレフォンセックスなのである。

ハッキリ言って、俺が長々と文章で皆に説明しても、その魅力は決して伝わらないかもしれない。だから、一度でも良いからSMツーショットダイヤルを利用してみて欲しい。SM系のツーショットダイヤルというのは文字通りSMに興味のある女達が利用する電話を介した異性紹介サービスである。

ツーショットダイヤルの世界ではテレフォンセックス目的で利用する女が当たり前のようにゴロゴロしており、何時でも好きな時にスマホさえあれば、女達とテレフォンセックス出来る番組だ。

SM系のツーショット番組にはドSからドMまでとにかく性癖が偏っている女達が揃っているのが特徴的なので、直ぐにでもSM調教やハードなSMプレイをテレフォンセックスで楽しめる。

とにかく一度で良いのでSMテレフォンセックス未経験の男達はチャレンジしてみて欲しい。

敏感な男であれば直ぐにその魅力を理解できる筈だ。そして、俺が長々と述べて来たSMテレフォンセックスの面白さが理解できるであろう。

金でセックスできる女は簡単に買えても「愛は絶対に金では買えない!」

今回は少しドロドロとした男と女のセックスの世界について書こうと思う。

気軽に女性と会える出会い系アプリやソーシャルメディア、ツーショットダイヤルなどは多くの男女が気軽に出会いを求めて利用するコンテンツの定番となった。これはスマホが普及したことによるネットユーザーの爆発的な増加が原因と言えるだろう。

また、男女の出会いの中身についてですが、現状の出会い系アプリなどを見渡すとなかなか酷い状況となっていると言わざるを得ません。

簡単に言えば、女は売春婦と化して、男も簡単に金を出してセックスするケースが極めて多い!

俗に言われる割り切りや援助交際のやり取りが当たり前のように行われているのが今時の出会いコンテンツとなっているのです。

中には、きちんとデートして付き合って恋愛してという男女もいる。婚活系の出会い系であれば真面目に結婚相手を探している男女もいる。

しかし、そのような真面目な出会いコンテンツというのは星の数ほど運営されている出会いサービスの中でも極めて少ないのが現状です。

女は小遣い稼ぎに体を売り、男は性欲を満たす為にナンパより金を支払ってサクっとセックスする。ある意味で、両者の欲が見事にマッチングしているとも言えるが、私からしてみると男も女も本当の出会い系の使い方から掛け離れていると感じている。

私は一度も女とセックスする為に金を使った事はない。

どんなに良い女が目の前にいたとしても、絶対に金を積んでまで抱こうとは思わない。それよりは男としての力量で何とか口説いて見せる。出会い系やツーショットダイヤルでもこの考え方は同じだ。

俺から言わせてもらうと、女に金を支払ってセックスすることは本当に簡単に出来る。これは間違いない事だと思うし、恐らくはどんなに美人でも彼氏や旦那がいない独身女性であれば20万も出せば、大多数の女は1回くらいセックスさせてくれるだろう。

しかし!そのような金を支払ってするセックスというのは恐らく自分の中で「記憶に残らないセックス」になるであろうと確信している。

つまり、一発抜いてしまえばオナニーと一緒で、その女との関係は脳内では「無かった事」になると俺は思うのだ。

何故かと言えば、金を支払ってセックスした女との間には「愛」がないからだ。だから絶対に心から気持ち良いという感覚にはならないだろうし、その関係から人間的に得るものは何もないのだ。

愛というのは金では絶対に買えない。そして、セックスは愛がなくては男として満足出来ない。だから俺は女に金を支払ってセックスする事はしないのだ。

無価値なことに金を出す。何て勿体無い事なのだろう・・・是非とも皆さんには女を買うなんて事はしないで欲しい。そこには、何の快楽も無いし結果的に自分の価値を落とすだけなのだから。

SM調教は経験とセンスがあって始めてM奴隷が喜ぶ難しいプレイだ!

俺はこのブログにてドS男としての生き方やSMのディープな世界について様々なコラムを書いてきたが、正直な気持ちを言うとかなり後悔している。

余りにも簡単にSMや性奴隷の調教についてベラベラと書き過ぎたからだ。

俺の元へは頻繁にSM調教について深く教えてくれだとか、弟子にしてくれなどの問い合わせが来ている。

そんな問い合わせの殆どが、詳しく話を聞いてみるとSMや調教を甘く見ている中途半端な男ばかりだから、俺は後悔していると書いたのだ。

俺は女を性的に調教して35年もの月日が経とうとしている。長年の歳月をSM調教というアブノーマルな行為に捧げてやっと辿り着いた境地。

俺に気軽に質問してくる馬鹿男達はその35年の重みを何も感じていない。

むしろ、 馬鹿にしているのか?と疑わずにはいられないような軽くて酷い質問をしてくるから、流石の俺もキレてしまう。

良いだろうか?

女を調教するという行為はとてつもなく難しい事だ。何故なら、SMという世界は調教する側のSと調教を受けるMのお互いの精神的な結び付きが完璧にシンクロしていなければならない。

少しでも奴隷からの信頼が掛けていれば、それは大事故や大怪我にも繋がり兼ねない。

これは痛みを伴うSM調教においては、 絶対に避けられないのである。俺はこのような経験を昔からしているし、実際に死を身近に感じた事があるからこそ、その難しさを知っている。

一言でSM調教の上達方法を聞かれたとすれば、俺は経験とセンスだと確信している。

女を性的に調教するには、まず失敗と小さな成功を何度も自分で感じな蹴ればならない。

つまり、トライアンドエラーを繰り返せという事だ!

そして、そのトライアンドエラーの中から次はセンスという要素を自分で磨いていく必要がかる。センスについては完全にその人間の才能的な部分とも言えるので、その部分についてはハッキリ言って俺から明確な説明などをすることは出来ない。

数多くの女を実際にSM調教してみて、その過程で備わるスキルのようなものを、いかに自分のセンスとして取り入れることが出来るのかが重要になる。

だからこそ、小手先のSMテクニックなどを俺に自慢気にメールしてくるカスのような男が俺には許せない。

言っておくがM気質の女は数多くいるが、その女達を本当の意味で調教するのは並大抵の事ではないのだ。女の心まで支配しつつ、肉体までもSMレベルで調教しなくてはならないのだから、簡単である訳がないのだ。

まあ、俺に質問してくるのは構わない。しかし、ロクな経験やトライアンドエラーもせずに馬鹿な質問をするのは絶対に止めて欲しい。

好き放題SM調教できるドM女なんてのは1万人に1人いるかいないかの確率

イライラしている。とあるSM出会い系の指南サイトを見ていたら、とでもない嘘が平然と書いてあったからだ。

「ドM女は男の都合で動く!一回SM調教してやれば性玩具のように扱うことも簡単です」

この一文を呼んで俺は激怒して、テレビのリモコンを思い切り壁に投げつけて大穴を開けてしまった。

数多くのM女をSM調教や飼育して来た俺だが、ハッキリ言って上記のように男が好き放題にできる真正のM女なんてのは

1万人に1人いるかいないかの確率

なのだから・・・

真性ドM女の確率俺がガチ切れするのも無理はないだろ?こんな大嘘を付いてSM系と称する明らかなサクラ詐欺出会い系に誘導しているのだから、俺はこのサイトの管理人が許せない。

良いだろうか?

M女というのは実はセックスと日常生活における性格がかなり乖離しているのが一般的なのである。

要は、セックスの時には従順な受け身となるが、日常生活における性格というのは実に厄介な場合が多く、どちらかといえば表向きはSっぽい性格に見えることが極めて多いのだ。

この乖離率は実はドM女になるほどその差が開く傾向があり、SM調教や女を飼育する経験の少ない男にとっては、かなり見極めるのが困難なのである。

恐らく、SMド素人の男がこの見極めのスキルを身に付けるには、SMの世界に自らドップリと浸かり、実戦経験を最低でも20人程度はこなさないと身に付かないだろう。

それくらいSMパートナー探しというのは難しいものであるし、気軽にM女を調教するぞ!なんて言っても、女の扱い方を知らなければ絶対に成功はしないのだ。

まあ、偶然にも1万人に1人の真性ドM女と巡り合った男はラッキーマンというのは間違いない。俺がSMド素人の男達に助言するとすれば、少しでもSMや調教プレイに興味のある女達が集まるコミュニティーを使えと指示する。

具体的にはSM系のツーショットダイヤル、そして恋活などのマッチングアプリ辺りをオススメする。

SMツーショットダイヤrに関してはこのサイトでも何度もオススメしているので、いまさら語る必要はないと思うがマッチングアプリに関しては以外にもドM女が見つかりやすい状況となっている。

何故なら、最近のマッチングアプリはかなり多くの女達が気軽に使うサービスとなっているからだ。新しいマッチングサービスが出ればとりあえずは登録しておくという女は本当に多い。

そして、女の性に関する属性と言うのはSよりMの方が圧倒的に多いので、会員数のキャパシティーから考えると一般的なマッチングアプリと言うのは人数の面でかなり優れているという特徴がある。

だからこそ、皆様にはSMツーショットダイヤルと一般系のマッチングアプリを両方併用するという選択がベストではないのかと俺は助言したい。

1万人に1人という確率は相当なものだから、気軽に好き放題できるM女パートナーが見つかるとは思って欲しくない。

自分のSMの知識を高め、調教スキルを高めることも重要だ。その上で、ラッキーに当たる確率を信じて地道にパートナー探しをして行って欲しい。

 

SM調教プレイの秘訣はM女の心の奥底を見抜こうとする努力!

俺の元へ全国の自称ドS男達から頻繁にお悩み相談が届く。

そのメッセージを読むと

「本当にお前はS気質の男なのか?」

と、そもそもの疑問を感じてしまうが、その辺りの突っ込みをし始めるとキリがないので、今回はこのお悩みについて軽くお答えしようと思う。

彼等の悩みを簡潔に要約すれば
SM調教しているM心との関係が上手く行かないとう
極めてシンプルな相談ばかりだ。

それぞれの男達がごたくを並べてゴタゴタと言い訳がましい事を言っているが、本質はM奴隷の調教に困っているという感じ。

生粋のドS男である私からしてみると、どいつもこいつも女々しいM男にしか見えない。

おっと、ついつい愚痴や文句になってしまいそうになってしまった。

俺からこの質問に対しての答えをやろう。

お前達にはスキルが足りない。そのスキルとは調教している女の心の奥を見極める力だ。M奴隷が何を感じているのか、どんなプレイを求めているのか、ご主人様からどんな扱いを受けたいのか。

調教される側の本質が分かっていないから、M女の反応に疑問を抱き、その違和感がストレスや悩みに繋がる。

つまり、お前達はM奴隷を調教しているつもりが、自分がM奴隷にコントロールされ結果的に追い詰められているだけなのだ。

人の心をもっと深く読むべきだ。奴隷が発言する言葉には注意深く耳を傾けなくてはならない。人間の口から発せられる言葉には、その言葉の国語的な意味以外にもその本質がある事を意識すべき。

M奴隷が調教されながら受け答えする言葉というのは実に奥が深い場合がある。

調教する側のSはその言葉の本質と魂をしっかりと理解しなくてはSMプレイとは成り立たないのだ。

彼女達の声をしっかりと聞いて欲しい。たとえ、その受け答えに的確にできなかったとしても、熱心に聞く姿勢があれば必ずSM調教は上達する。

そして、常にM奴隷達にしっかりと接して行けば、必ずその女はお前達の奴隷と化すだろう。

自分の中の性獣を呼び出したいならSMテレフォンセックスを覚えよ!

好きな女がいて積極的に口説きたいけれど、どうしても消極的な性格が邪魔して女性を口説けない。

本当は恋人や妻と激しいSMプレイや変態プレイを行いたいけれど、相手に拒否されそうで切り出せない。もしくは、自分の性癖やセックス願望を自分自身で認めることが出来ない。

このような方はいるだろうか?

俺からしてみると上記のようなモヤシ男は総じて「男としてクズ」であるというのが本音だ。自分が好きになった女をモノに出来ないなんてのは明らかに男として劣っているし、何も行動しないなんて意味が意味がわからない。人間の一生なんて本当に短いのに好きな女にアタックしないなんてのは論外だ。

俺はドSな性癖を十分に満たしている。性奴隷もSMパートナーも合計数千人は味わって来ているし、現在進行形で3桁のM奴隷を囲っている。まあ、俺は事業でも大成功しているセミリタイア組みなので一般的なサラリーマン諸君とは事情が異なるとも言えるが。

俺はモヤシ男に言いたい。

今すぐSMプレイを取り入れたSMテレフォンセックスを覚えよと!

SMという正解は自分の性欲や性癖を全て開放してくれるのだ。だからこそ、自分のセックス願望を満たせない男はバーチャルセックスの空間で徐々に自分の欲を覚醒させるべきだ。

どんなに鬼畜で醜い性癖やセックス願望でも適わない。パートナーとしてSM系のツーショットダイヤルを介せば、完璧に性癖マッチする女はゴロゴロしている。ドSでもドMでも理想の変態女とガンガン電話が繋がり、好きなだけSMや変態テレフォンセックスが楽しめるだろう。

その際は、自分自身を全て解放する事が大切だ。相手は生粋の変態女ばかり。自分のセックス願望や性癖を隠すこと自体が相手から嫌われる要素となってしまうので、絶対に自分のセックスが願望には素直に正直になるべきだ。

SMや変態テレフォンセックスに慣れることが出来れば、あなたは男として激変するだろう。女の扱いは確実に上手くなるからリアルでも自分の理想に近いセックスパートナーが自然に見つかる筈だ。これは間違いなく事実であり多くのモヤシ男に実践してもらいたい。

男であれば誰にでも「性獣」というモンスターが潜んでいる筈だ。これを開放しない事は男にとって単なるストレスでしかない。こんな人生は糞みたいなものであるし、絶対に変えて行くべきだ。だからこそSMや変態テレフォンセックスを自分のライフスタイルとして取り入れて欲しい。

久々にSMテレフォンセックスにハマり過ぎた俺!

皆さん申し訳ない!何と最終更新日が5月・・・何と俺は3カ月もの間、皆さんを放置してしまいSM調教や奴隷日記を休んでしまった。本当に情けなく根性の無さに自分に嫌気が指している今日この頃である。

今日からは気合を入れてしっかりと更新して行くので、どうかご勘弁を願いたい。

1つだけ言い訳をさせてもらうと、俺はある事にこの3か月間夢中になり過ぎていたのだ。

それはツーショットダイヤルを使ってのSMテレフォンセックスである・・・もはや、この3カ月間は無心でスマホの受話器を耳に当て続けていた。

普段はリアルSM調教ばかりに没頭してる俺がSMテレフォンセックスの虜になる・・・

どう考えても普通では考えられないのだが、とにかくハマってしまったのだ(笑)まあ、プレイ内容は相変わらずのドS調教ばかりだが(爆)

利用した番組は大々的には後悔しないが定番のSM回線を2番組ほど回していた。どちらも女王様に繋がる事がかなり昔よりも多くなったかな?とは思ったが、M女に関しては正直言って入れ食い状態だった。

俺には好都合な状況下。この好環境な状況というのも俺を3カ月間も拘束した理由の1つかもしれない。

今のところは電話の関係のみだが性奴隷が30人ほど出来た。どの女もプロレベルのドS男の俺からしてみても極上のド変態M女ばかりだ。こんな女をSMクラブで見つけるとしたら莫大な金額が必要だろう。

しかし、俺は僅か50万円程度の投資でこれだけのM女を調教する事が出来たのだからコスパ面もハマる要素となるのかもしれない。

久々にリアルなSMの世界から離れてみて俺は色々なことを感じて吸収した。この経験は間違いなくリアルな奴隷達にも素晴らしいSM調教となるだろうし、俺にしてみれば皆さんを放置した罪以外には全てメリットだったのかもしれない。

もしかるすと、これからもSMテレフォンセックスは定期的に続けるかもしれないが、決してハマるような事はしないと誓う。やはり俺の主戦場はリアルな現実社会であるし既存の性奴隷達と常に接しなくてはならないのだから。

俺が3カ月も夢中になったSMテレフォンセックスだが、皆さんの中にも素質がある人は多いと思う。未経験の方はこれを期に1度は経験して欲しいとも思っている。

SMテレフォンセックスはSMの世界を知る為の良いキッカケになる

SM初心者の方へ助言俺にとってSMプレイというのは日常であり、女に対してSM調教をする事には何も新鮮味を感じないし、SM調教する事に対して特別な感情になる事は滅多にない。

つまり、慣れている。

しかし、当ブログのユーザー達の中には俺みたいにSMの全てを知っている訳ではないし、これからSMを始めてみようと感じている人も多い。

これは、俺の元に寄せられるSMプレイに対する質問や悩みの数々を見れば明らかだ。

俺は、そんなSM初心者達を心から応援している。実際に俺の元へ直接寄せられた質問や悩みに対しては時間がある限りは真剣に答えている。

しかし、俺にも限度がある。毎日の様に届く初心者達の質問に全て的確に答える為の時間がない。

だから今回は、ある意味で全てのSM初心者の方に対して有効なSMプレイへの簡単な慣れ方についてお伝えしたい。

SMテレフォンセックスを直ぐにでも始めて欲しい。

これが今回の助言の全てだ。SMプレイを取り入れたテレフォンセックスをとにかく色々な女達と楽しんでみて欲しいのだ。

相手はSM系のツーショットダイヤルで見つければ腐る程の女達が選びたい放題だ。若干だがS気質の女はM男達から人気で取り合いになる傾向があるが、それでも平時にコールすれば問題なく女王様でも痴女でも見つかるだろ。

先ずはテレフォンセックスを出来るだけ楽しんで、女とのSMプレイの雰囲気を経験して欲しいのだ。

恐らく、相手によっては知らないSM専門用語が出てきたり、ディープ過ぎるSMの世界に戸惑うかもしれない。しかし、SMなんてのは要は慣れの問題なのである。

それを、SMテレフォンセックスというバーチャル空間の中でリアルタイムに感じれば、時間と共にSMの世界を自然に理解できるようになるのだ。

SM初心者がSMテレフォンセックスから勉強するのは俺的に最強のSM勉強法だと確信している。是非とも、現在SMプレイに対して悩みや疑問を持っている方はツーショットダイヤルを利用してテレフォンセックスできる女性とSMテレフォンセックスを楽しんでみて欲しい。

きっと、直ぐにSMの世界への道が開ける筈だ。

埼玉少女監禁事件の犯人はかなりの「洗脳術」を持っていたのかもしれない

埼玉県の朝霞市で起きた2年間にも及ぶ少女の監禁事件。

警察の捜査により犯人である寺内樺風容疑者(23)は逮捕されたが、私はこう思う。

この犯人はハードなSM調教やテロリストへの尋問に使うような洗脳のスキルを利用したのでは?と感じでしまう。

この少女は2年間も犯人に嫌々監禁されていた筈だ。徹底的に身体を拘束され、鍵付きの部屋に監禁されていたと確信していたのだが、ニュースの報道を見て驚愕した。

明らかに簡単に逃げられそうなボロアパート。犯人が外出している時に、少し大きな声で助けを求めれば直ぐに警察が駆けつけるような気もする。

しかし、彼女は逃げようとしなかった。

私は、間違いなくこの犯人と被害者少女の間にはSMの世界で言うところの精神的な結び付きが出来ていたのだと感じる。

恐らく、犯人は生粋のドS男なのだろう。そして、肉体的に女を支配する事に喜びを覚えるタイプでは無く、精神的に女を拘束することにエクスタシーを感じるタイプの男なのだと思う。

そして、調教方法には間違いなく洗脳が使われたのだろう。

まず、少女の価値観や倫理観などを徹底的に取り払う恐怖洗脳を与え、次に飴となる優しさを刷り込んで行く。このような洗脳を毎日行えば、少女であれば1ヶ月も経たない内に男の言いなりになるだろう。

私は気になっている事がある。犯人は少女を洗脳する時にマニュアルのようなものを参考にしていたらしからだ。

ネットで検索すれば、このような洗脳方法が簡単に出来ることをマスコミは何のためらいもなく報道した。

私は、今回のようなショッキングな事件を模倣する者たちが出てくるのでは?と少し恐怖感を覚えている。

気軽に性奴隷なんて作れない!M女は玩具では無いのだ!

最近、俺の元にふざけた問い合わせメールが来たので久々にブチ切れてしまった。

そのメールの内容は自称ドS男を豪語するサラリーマンからの問い合わせだった。内容を簡単に説明すれば、彼は出会い系で知り合った女達を片っ端からラブホに連れ込み犯してM奴隷に仕上げようとしているらしい。

しかし、結果は女に怖がられて毎回逃げられてしまう。

どうすれば簡単に女を性奴隷にできるのか?

俺はこの問い合わせを読んだ瞬間にブチ切れて、手に持っていた缶コーヒーをパソコンのモニターに思い切り投げつけ破壊してしまった。

俺はこのクソ男のこの言葉に切れたのだ。

どうすれば簡単に女を性奴隷にできるのかだと?・・・

まず、簡単に女を性奴隷化できると思っている時点でこの男には女を扱うセンスがない事が分かる。

良いだろうか?

M女は性の玩具ではない。それに、パートナー間のSM関係というのは相対的にみたSとMの絶妙な バランスマッチングが不可欠。この男のように適当な出会い系で拾ってきた女をM調教するなんてのは、ある意味で一番難しい調教になるのだ。

つまり、この男は性奴隷の意味すら分かってないし、SM長期の知識は全く無いダメ人間なのだ。まあ、ダメ人間だからこそ俺をブチ切れさせる問い合わせが出来るのだろうが。

何度もいうがSM調教には、どんなセックステクニックよりも相手との精神的な繋がりが重要なのだ。この意味が分からなければ、性奴隷なんて一生作れる筈がない。

今回は愚痴になってしまったが、勘違いしている自称S男は注意して行動してもらいたい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ