調教されるM奴隷女の深層心理を隅々まで把握するべし!

過去に俺が飼育して来た愛する性奴隷M女の数は約20年間で500人程度。短期的にSM調教して来たM女から数ヶ月間、数年間に及び調教をし続けて来たロングの女まで様々だ。

基本的に俺は彼女達を単なる性的な玩具として扱って来た訳ではない。そこには確実に愛があるし、愛情を注げなくては本当のSM調教なんて不可能だという意味を知り尽くしている。

単なる性玩具として女を調教する事は非常に危険なリスクを伴う。下手すれば女性の怒りが爆発し、こちらの生命を奪われる危険があるからだ。

愛がる飼育であれば、基本的に命の危険を伴うリスクは皆無だ。それは女性が深層心理で俺を信頼しているからだ。M女からの信頼があって初めて奴隷調教やSM調教が可能になるのだ。

飼育するM女が何を考えているのか?日常のリアクションの裏側に潜む本音を理解しているのか?

このような女達の深層心理を確実に把握してプレイに繋げて行かなくてはならない。これが出来ないとSMの本質は理解できないし、絶対にSとMの関係性を持続する事は出来ないのだ。

これに関しては決してSMプレイという特殊な世界だけの話では無いと私は言いたい。普通に付き合っている彼女や結婚して生涯を共にするパートナーである妻や嫁に対しても同じ考えを持つべきだと感じている。

セックスは一時的な快楽に過ぎない。そのバックグラウンドとなる根本的な関係性の深さを重視するべきだ。

セックスする関係をある程度持続しなくてはならない相手の深層心理を見極めてバランスを取っていく作業。これが赤の他人の異性と付き合って行く上で非常に重要な部分だと感じるのだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ