女を性的に奴隷化すると言う意味を本質的に勘違いするな!

奴隷系AVの真似をするな今回は私が日常から行っている女の性的に奴隷化する本質についてお話したい。近頃、AVやエロ動画には様々な企画やストーリー性が含まれた作品が発売されている。その中には極めてハードな内容の作品も多く、SM系の作品などはリアリティーよりも刺激を前面に押し出した物が多くなっている気がする。

性奴隷や女を完全服従する上で私は、これらの作品の真似は基本的にやってはいけないと確信している。何故なら、AVはあくまで見る為の作品だからだ。特にハードな調教系のSM動画などのストーリーやプレイ内容は絶対にリアルでは実践してはならない。

何故なら、それらの内容を真似するイコール、単なるDVや暴行に繋がってしまうからだ。俺が女を性的に奴隷調教すると言う本質はこんな軽い作品では表せないものなのだから。

とにかく基本的には女を玩具として扱ってはいけない。愛を持って接するからこそSM関係や奴隷調教の関係は成り立つのだ。前にも書いたと思うが、間違った調教プレイは必ず自分にもネガティブな面で襲い掛かってくる。

最近はネットの普及で若い世代の男女の多くがコミュニティー不足に陥っている。だからセックスに対しての接し方が分からなくなっている男女が非常に多い。とにかく女を調教したいのであれば、基本的には数多くの恋愛を経験するべきだ。その中から女の本質的な扱い方を徹底的に学ぶべきだ。決して、恋愛に割く時間を惜しんではいけない。

私は基本的に性的に服従させた女を本気で抱いてやる。それこそアナルセックスやスカトロプレイなど過激なプレイを実践するが、基本的に女がガチで嫌がるセックスは決してしない。

女に喜びを与えつつ心を支配する感じなのだ。

絶対に肉体的に女を支配しようとは思わないで欲しい。だって女を肉体的にコントロールする事は不可能だからだ。女の体は神秘的な物で宇宙と連動していると言っても過言ではないからな。とにかく状況によってアクメの仕方は変わるし年齢などでもセックスに対する感じ方が大胆に変わるのだ。それをコントロールするなど不可能なのだ。

男はペニスをシコれば射精するが女の体はそんな単純なものではない。昨日まで電マで潮吹きするのが大好きだった奴隷が、今日になると電マには無反応になり、逆にアナルを犯すと喜ぶケースなんて事もあるからな。それくらい女の体とセックスは繊細なのだ。

自分勝手で自己中心的な男には女を心から服従させる事は不可能だろう。女を知り、女の意図する事をきちんと理解してこそ俺みたいな奴隷調教が可能なのだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ