剛力彩芽を調教セックス奴隷にしたい【妄想】

俺の脳裏から剛力彩芽が離れない。何時もあの小悪魔的な表情で笑いながらプロペラダンスする剛力が夢に出てくる。

俺がもし調教するとすれば、まずは推定A~Bカップの貧乳を徹底的に弄ぶ。綺麗なピンク色の乳首を最初は甘噛みし、素直に勃起させる。彩芽の表情が気持ち良さそうな表情を見せたら罰として強めに噛む。苦痛な表情の彩芽もきっと美しいだろう。

あの綺麗で白い肌を丹念に愛撫。犬の様に全身をペロペロと舐めつくすと彩芽はアヘ顔で変態の世界を知る。そしてシャワーも浴びていない彩芽のアナルまでも丹念に舐め上げると恥ずかしそうな喘ぎ声を忘れ大胆に声を出して感じる。友達より大事な人になる瞬間だ。

肝心の性器は恐らく、日本人離れしたビラビラが殆どない外人タイプの「pussy」決してオマンコとは呼べない別次元の存在であろう。無論アンダーヘアーは皆無、天然パイパンに違いない。クリトリスは最初は小さすぎて判別不可能な程だが、アナルに指を突っ込んでやると一気に巨大化するクリトリスだろう。

匂いなどは一切無い。しかしクンニリングスで激しく感じた膣からは白くて濃厚なジュースがあふれ出すだろう。その溢れるジュースに対してヤリマン女のレッテルを言葉責めで徹底的に刷り込む。完全に理性を無くさせる。

抵抗する力も無くし、ペニスを欲しがる。だが、ここで挿入すれば只のセフレ関係だ。欲しがったら挿入しないがセックス調教の基本。ひたすら濃厚なジュースを垂れ流す日々が続く。

こんな変態な夢を見てしまいました(笑)

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ