金持ちは変態セックスやSMを求めるのは当然だ

SMの世界をディープに追い求めていると、自然とコアな情報交換をするSM仲間が出来てくる。

その仲間達には共通して言える事がある。とにかくSMや変態セックス好きは金持ちが多いのだ。SMなどは現役の医師なども多いし、誰もが知っている大手企業の役員などもゴロゴロしているからな。

その中でも一番多いのが「経営者」だろう。会社経営者、つまり社長をしている人間の多くはSM愛好家なのである。

俺も上場はしていないが、年商数億から数十億の会社を数個経営している社長であるが、知り合いの経営者の殆どがSMマニアであるからな。

更にドSからドMまで非常に偏っているのも経営者や社長の特長だ。一度だけ、変態ドMを自称する年商100億の社長のSM現場を見て欲しいと言われて彼のセカンドハウスで豪華なSMパーティーが開催されたのが凄まじかった。彼は体重150kgはありそうな女王様から前身に蹴りやパンチを浴び、ボコボコになりながら「女王様の苛めは最高です!」と絶叫しながら勃起していた・・・

更に、女王様から小便を飲まされた後は、黄金までガッツリと食していた・・・Sの私からすると絶対に理解できない世界だった。

何故SMや変態性癖の世界には金持ちが多いのか?私は考えてみた。

やはり、経営者や社長になり大金を持つ人間は拘りが異様に強いのだと私は確信した。それは経営や商売だけでなく、セックスに対しても妥協は出来ないのだろう。だからこそ過激なSMプレイや変態セックスに走るのである。

もちろん、彼女達に対する報酬は大金を支払う。一回のプレイで数十万円から過激なプレイの場合は百万円単位になる。しかし、経営者達は高いとは少しも思っていない。むしろ自分の理想のセックスが出来たので大満足して明日への過酷なセックスに繋げる事が可能になるのだ。

だから金持ちが理想のセックスに惜しげもなく大金を支払うのは必然なのだ。何にも不思議な部分は無い。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ