生粋のSや極端なMの人間は実はかなり少ないのだ

最近、自分はドSだ!あの子はドMだ!などと誰もが気軽にSM判定を勝手にして会話のネタにするケースを良く耳にする。特に飲み会、合コン、家飲みなどでこの手の話題が必ず一度は出るだろう。

まあ、この一連の流れはSMに目を付けた芸人などがメディアで良く口にする様になってから一般化した気がするな。ケンドーコバヤシなんかは開き直って、自分は生粋のMで良く五反田のM性感に通ってるとカミングアウトして何故か人気が出てた。

しかも、このカミングアウトを見た五反田のM性感ヘルスがケンコバ祭りを開催したのは余りにも有名な話だ。

しかし、私が思うにこのお笑いコントの様なSM談義は全て偽物だと思っている。恐らく本物のSMの世界の人は激怒しているんでは無いか?とすら思ってしまう。

余りにもSMの世界を軽視した発言が多過ぎるからだ。本物の女王様はガチでストイックだし頭も切れる人が多い。

そして、「彼女曰く本当のS気質と言う人間はこの世の中に殆ど存在しない。もしいるとすれば、殺人鬼や猟奇殺人犯人レベルの人間」になってしまうと言っていた。

つまり、本当のドSと定義される人間は、少しも人や動物に対して優しさを持たない冷酷人間の事を指すと言うのだ。

そして本物の女王様と言うのはガチでM男を死の一歩手前まで追い詰めてから解放するテクニックを持っているらしい。

しかし、実際にはここまで耐えられるM男も探すのが極めて困難らしいので、実現する事は殆ど無いらしいな。

そんな訳だから、軽くSやM気質を語るのは余り良くないかもしれない。せめてSMのルーツや起源くらいは勉強してから語って欲しい。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ