ドMな女の内面は非常に暴力的である

恐らくSが攻撃的で野性的、Mが大人しくて控えめだと思っているの人は多いだろう。しかしそれは全く間違っている。両者を同時期に実験台にしてみれば明らかだ。

俺の奴隷に身長175cm目つきが鋭くモデルの杏に似ている女と、身長153cm、里田まいをもう少し太らせたタイプの女がいる。今では両者共完全服従だが調教する前の彼女達は今回の実験結果を裏付けるのに好都合な状況だった。

デカい方の杏似は目ため通りどこか上から目線の口調、グッチやルイヴィトンに身を包み化粧は濃い。いかにも性格がきつそうなタイプ。セックスも進んでフェラチオや騎乗位を好んでいた。里田は正反対、化粧は地味でスッピンにすら見える。杏に何時もペコペコしていてパシリにも使われていた。セックスは常に受身で男性経験が少なく愛撫もフェラチオも下手。

私はある伝で彼女達の生活から何から全てを買い取った。言葉は悪いが彼女達から周りの人間まで全てが幸せになれた契約であるし完全合法な方法だ。

調教には両者同じ方法を取った。徹底的に俺の指令を受け入れさせる。両者が嫌がる事を全て受け入れさせていくのだ。ここで面白いと思ったのがどう考えても抵抗しそうな杏の方がかなり早い段階で服従したという事。そして里田が服従したのはその半年後だった。

里田の抵抗は凄まじかった、俺を罵ったり時にはビンタされた事もある。そう追い詰められた時に人間の本性が出る。雰囲気のSは基本的に自分の弱さを隠そうと必死さからの行動なのだ。ビビり程、人前では強がる。本当に怖いのは里田のような一見大人しいタイプなのは明らかなのだ。

SとMの関係性は非常に複雑な面を持っている。面白いのが杏と里田と俺で3Pセックスする時だ。前までは杏のパシリになっていた里田が杏の乳首を強く噛んで言葉責めしているではないか。そして杏にクンニリングの指令まで出すようになったのだ。しかし、俺が後ろから激しく突いてやるとその凶暴性が一切無くなり、子猫の様に声を出し始める。

恐らくこの関係は今後も続くだろう。今後の性癖の変化が楽しみだ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ