俺がSM調教M奴隷を見つけている黄金パターンを紹介しよう。

ここ最近は平和な調教の日々が続いている。相変わらず、私に完全服従する二人の性奴隷達との距離感や奴隷同士の俺の愛情に対する喧嘩などは度々起きているが、もはやあの二人の関係と言うのは水と油と完全に認識したので、騒ぎを収めるのもお手の物である。

奴隷発掘

さて、今回は俺が何故ここまで従順な性奴隷を育てられるのかを説明したいと思う。俺みたいに本格的なSM調教を望んでいる方以外のライトSMユーザーにも比較的為になる話になるのではないだろうか?
まず私がM女を見つけるのに、どの様な場所やサイトなどを利用しているのかについて述べたいと思う。

やはり一番、効率的に見つかるのがSMクラブである。五反田や六本木などを良く探せばSMクラブは腐るほど存在している。しかし、俺がガチで使っているSMクラブはインターネットにも絶対に載っていない秘密の場所だ。

初心者はまずライトなSMクラブを見つけて、とにかく常連になれるまで通うことだ。SMクラブと言うのはいきなりS気質の男が行っても厳しいかもしれない。何故なら、いきなりえらそうにM女を調教し始めると、とんでもないサド男が乱入してきて逆にボコボコにされる可能性があるからだ。

とにかく生粋のSMクラブ好きな常連男達を舐めてはいけない。SMプレイと称して生死に関わる究極のサド行為で救急車送りにされても文句は言えないからな。

最初はドSでも常連男に対しては低姿勢で接するべきだ。そして常連と仲良くなり、本物のSMの世界を教えてもらえ。これがSMクラブを利用するさいのスタート地点になるからだ。

本物のSMクラブを紹介してもらえれば、比較的簡単にM奴隷を手に入れる事が出来るだろう。女のレベルもSM風俗みたいな中途半端なサド女ではない。ガチで精神的調教を望んでいる究極のM女を紹介してもらえるからな。

現に俺が発掘した現行のメイン奴隷のうちの1人もSMクラブで紹介してもらった女である。

ハッキリ言って、このSMクラブで奴隷を見つけるのは敷居がかなり高いのは間違いない。初心者は絶対に無理とでも言っておこうか。

そこでオススメなのがSM系のツーショットダイヤルを利用してパートナーを見つける事だ。ツーショットダイヤルなんてテレクラの延長戦だろ?と思うヤツも多いかもしれない。しかしSM系のツーショットに関してはかなり本格的な女王様やM女が揃っている。一般のツーショットとは別次元の世界なのだ。

まず初心者はSMツーショットダイヤル「エクスタシークラブ」を利用するべきだろう。そしてまずは女王様を見つけたいのかM奴隷を見つけたいのかだけをハッキリさせておこう。

SかMかを見極めるのは実に簡単である。とにかくコールを回して数分間、彼女達と雑談すれば良いだけの話だ。会話の流れから直ぐに相手がSかMかは一目瞭然だからな。

そしてここからが重要だ。ターゲットになりうる女性を見つけたら、いきなりSMパートナーにならないか?なんて質問だけは絶対にやめてくれ!必ず彼女達とテレフォンセックスする関係を築き上げて欲しいのだ。これがとにかくツーショットでSMパートナーを作る時に重要な儀式だ。

SMテレフォンセックスを行うとお互いの相性の良し悪しが露骨に表れる。相性が悪ければ会話が続かない。反対に相性抜群の場合、M女は激しくイキまくり絶叫しながら何度も「本格的に会って調教してください」「ペットとして飼育して下さい」と祈願してくる。もしあなたがM男の場合は逆のパターンになるだろう。

つまり、SMテレフォンセックスを続けていれば、かなり自然な形でパートナーが見つかる流れになっているのだ。SMツーショットダイヤルはこの様な世界と仕組みになっている。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ