SM満足ツーショットで捕まえた雌奴隷を飼育する事になった

この間までは、奴隷に大怪我を負わされたりで散々な日々を送っていたが、やっと彼女も大人しい家畜になってくれた。俺が改心して愛する奴隷達を平等に調教する様になったからかもしれない。

やはり家畜と言えど、人間は平等に扱わなくては革命を起こされるものだなと実感した。

さて、最近ナンパ師として活躍する十年来の友人である「KENJI氏」から突然電話が掛かってきた。

「ちょっと前まではエクスタシーコール使ってたんすけど、マンゾクぐるーもなかなかの変態がいましたよ!」との事を教えてくれる為にわざわざ電話をくれた。彼は業際に詳しいから、激アツな情報である事は間違いない。

早速、マンゾクに登録してみた。何でもマンゾクにはツーショットコーナーが沢山あって、奴隷を見つけるならマンゾクコーナーがオススメですよと言われていたので、言われた通りに「マンゾクコーナー」を選択する。

5人と面接したのだがS女が一人。4人がM女と言う最高の成果だった。俺にはS女は必要無いので4人の中から奴隷候補を選んでみる事にした。

結果から言うと、21歳の現役OLを選んだ。声質も良く恐らく痩せ型で美人系だろう。

一発、ドSな言葉攻めをかましてやると、いきなり狂った様に

「もっと強い言葉で虐めて下さいご主人様!」と祈願してきやがった。こいつは生粋の淫乱M女だな。こう経験が直感した。

面接は恵比寿のパンケーキ屋で行った。俺のプロファイリング通り、美人で痩せ型な女だった。顔は幸薄いタイプだが、磨いたら芸能界でも活躍出来るルックスだ。

奴隷採用決定である。

俺の飼育小屋で調教してやる事にした。また、一匹コレクションが増えた。こいつはド変態な露出狂に育てたい。みんなにも変態な格好を見て欲しいからだ。

まあ、前の事件もあるので当分は皆平等に扱わなくてはならないが、落ち着いたら、車に乗せて山奥まで連れて行き徹底的に調教したいと思う。

結果は随時レポートしていく。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ