S男はM女に対して優しさを捨てたプレイをしてはならない理由

本格的なSMの世界は肉体的に非常にハードなプレイになるのが一般的。

痛みを伴いますし、プレイによっては大量出血や病院に搬送されるなんてケースもありす。

さて、女王様や痴女からM男性が受けるSM調教プレイなどのある意味で男性と女性の立場が逆転しているプレイはある意味でイレギュラーなSMパートナーのケース。

今回はその関係は置いておき、普通のSMパートナー間に多いドS男性とドM女性間のSM調教の時に気を付けたいポイントを今回は述べたいと思います。

私は思います。いくら自分はSだからと言って、Mな女性を暴力的に力技で調教して行く男性は単なるDV気質の犯罪者だと。

そんなプレイはSMとは言えない。痛めつける為の拷問だし、その結果調教されたとしても、それはSMSMではなく洗脳なのだから。

男が女に対して行うSM調教プレイは基本的にベースに愛があるべきなのです。

その愛を持っていれば、SMプレイの中にアメとムチが自然に盛り込まれる。これが真のSM調教プレイの精神的に重要な部分になるのです。

これは世の中のS気質を自負する男達全てに必要な心構えだと確信しています。

是非ともSM調教を男性が女性に向けて行う際は、ハードで鬼畜なプレイの裏に愛を持ちながら行って欲しい。M女性の反応も変わるでしょうし、SMプレイが今までよりもっと楽しくなりますからね

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ