上戸彩と激しくセックス!HIROを拘束している横で

EXILEのHIROが毎夜、上戸彩の素晴らしい巨乳を揉んだりバックから巨大なペニスで激しく突いてると思うと本当に腹立たしくなる。しかし、ネットで見た情報によると、HIROの身長がかなり低いのでは疑惑は意外だった。

森田剛、EXILEのHIROなど、彩は黒くて小汚いのが好みなのかと変な妄想が止まらない。

俺なら、彩の羞恥心をセックスで崩壊させる。まずはHIROを身動き取れない状況にして完全拘束しておく。場所は彩の家のリビングだ。俺はHIROが拘束している前で彩の口に思い切りディープキスする。

彩は抵抗しながらも、首筋を愛撫されるとピクピクと反応し始める。そしてキルされながらも私を罵倒するだろう。それも私の手マンは始まる前までの話である。

彩の短いスカートの中に手を突っ込んでパンツの中の割れ目を直撃すると、彩は激しく濡れている。ヌルヌルといった表現が妥当であろう。汁は白濁していて上戸彩の清潔で透明なイメージとは真逆だ。このギャップがたまらない。

HIROが激怒して私を罵倒する光景が逆に私のペニスを勃起させるだろう。

彩の中を掻き回すと、直ぐにビクンビクンと何回もイッてしまう。ここまでいかせて初めて彩のブラジャーを取る。上戸彩の巨乳は世界レベルだからだ。生でこの巨乳を見たら私でも理性が崩壊するだろう。

まずは立ちバックで彩の中を色々な角度で堪能するだろう。その頃になるとHIROの精神は完全崩壊し、号泣する姿まで見られるだろう。究極の寝取られセックスだ。

私はノースキンのまま何度もフィニッシュを迎える。彩の中は狭いから私の精液はつま先まで垂れ流れる。何度も何度も犯しては中に出す。

昨日、寝る前に妄想してしまった。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ